• ホーム
  • アクセス

若林区 中倉の歯医者、すぎやま歯科クリニックです。小児・予防歯科治療についてご紹介いたします。

小児・予防歯科

むし歯ができる3要素(カイスの3つの輪)

歯質、プラーク、あまいものの条件がそろえば誰でも、むし歯になる可能性があります。
条件が揃わないようにするには

[対象年齢6才以上]

歯質:フッ素入り歯磨き粉(100~1450ppm)
   フッ素ジェル   (500~1450ppm)
   フッ素洗口    (約450ppm)
   歯科医院でのフッ素塗布(9000ppm) ppm:フッ素濃度
   シーラント(小窩裂溝填塞法)
   etc…を推奨します

プラーク:年齢や個人の特徴に合わせたブラッシング指導を行います。
     歯石とりを行い、むし歯や歯周病予防に努めます。

あまいもの:飲食の回数を減らします

特に現代社会において、砂糖の摂取量の割合が多くなってきたと思われます。
普段の食事やおやつに気を付けなければなりません。
子供に限らず、大人でもむし歯があると歯にすき間が生じ、歯並びが歪んでデコボコになります。
すると息がもれたり言葉が上手く話せなくなり、歌も上手に歌えなくなってしまいます。
そして歯が痛かったり、しみたりすると、よく噛んで食べるのが億劫になって、ストレスになったり、身体に栄養が行かず元気がなくなり病気になりやすくなってしまいます。
そうならないように歯医者さんに行って予防に努めましょう。

予防について

むし歯や歯周病になってから治療するのではなく、なる前に「予め・防ぐ」=予防を大切にする歯科治療のことです。歯と歯ぐきの健康を積極的に守るため、当院での定期健診とメンテナンス「プロケア(プロフェッショナルケア)」と、ご家族での「セルフケア」の両方が必要になります。

  • プロケア
  • セルフケア

当院では患者さんお一人お一人のお口の状態に合わせた歯ブラシ選び「歯ブラシ処方箋」をお出ししております。

歯を失う原因のほとんどは、「むし歯」と「歯周病」です。

これを年代別にみると、10代から30代までは「むし歯」の比率が高く、30代以降では「歯周病」が急激に増加します。そして、40歳頃を境にこの比率が逆転します。

このため、毎日使う歯ブラシも「むし歯予防」と「歯周病予防」を年齢に合わせて上手に替えていくことが大切です。

年齢に合わせて歯ブラシを替えましょう

多数のケア商品を取りそろえ、セルフケアの充実をご提案しております。

お口の健康のために必要な栄養を効率よく摂取して頂くため、サプリメントのご紹介もしております。

お子様を中心にご希望される方には歯質強化やむしば予防のためのフッ素塗布(自由診療1,500円)も行っております。

予防のためのフッ素塗布

唾液検査について

むし歯と歯周病のリスクを検査します。

料金

むし歯検査 1,500円
歯周病検査 1,500円

表記は全て税込価格となっております。

矯正について

当院では将来的にむし歯や歯周病になるのを防ぐため、信頼する矯正医をご紹介させて頂いております。

PAGE TOP